SBI証券レーティング、バイオ関連レポート新日本科学(2395)目標株価2倍以上

SBI証券レーティング情報

2001年に証券業界で初めてバイオ専門の企業投資調査チームを立ち上げた実績を持つ岩田俊幸アナリストがSBI証券でバイオ関連株レポートをリリースしている。証券業界では「バイオ関連アナリスト=岩田」と連想するほど有名な証券アナリスト。

格付け 目標株価 時価(2/24) 目標乖離率 発行日
4540 ツムラ やや強気 強気 4,110 3,395 21% 2/20
2395 新日本科学 強気 強気 1,260 573 120% 2/21
2531 宝ホールディングス 強気 強気 1,460 1,145 28% 2/22
ランキング 初めての方でも安心のサポート

新日本科学(2395)

目標株価がかなり高い、時価より2倍以上の目標株価を提示するにはそれなりの理由がある。アナリストレポートではグローバル治験(国際共同治験)は効率よく臨床開発するために世界大手製薬会社が推進しており、これに対応できる企業への受注が急増。

新日本科学PPDは米国PPD社(Pharmaceutical Product Development)と合弁設立会社で2017年3月末はグローバル治験の受注残高が200億円を上回ると業界で注目されはじめていると解説されている。

SBI証券に口座開設するとバイオ関連株アナリストレポート、投資を自動化する「ロボアド」、「まいど!相場の福の神」としてマスコミ出演が多く有名な藤本誠之アナリストのコラムなどサービスが豊富、IPO取扱件数も多く抽選申し込みのチャンスも多く利用価値が大きい。

スポンサーリンク