JPモルガン証券一覧

J.P.モルガン証券レーティング定義

Overweight(Buy)
今後半年~1年以内に、アナリストが調査対象としている銘柄のトータルリターンの平均を上回ると予想。

Neutral(Hold)
今後半年~1年以内に、アナリストが調査対象としている銘柄のトータルリターンの平均と同程度であると予想。

Underweight(Sell)
今後半年~1年以内に、アナリストが調査対象としている銘柄のトータルリターンの平均を下回ると予想。

商社株評価わかれる、伊藤忠を強気、三菱商事は中立、住友商事は弱気

商社株の投資判断がわかれる、資源価格上昇の恩恵を享受する商社株は年単位で値上がりしてきた、2022年に入りWTI原油をはじめ多くの資源価格上昇が商社株にはメリットだった。JPモルガンは大手総合商社の投資判断を見直した。伊藤忠商事をOverweight、三菱商事をNeutral、住友商事をUnderweightと3社のレーティングはまちまちで、伊藤忠商事が一番強気と評価している模様。

住友大阪セメント旧村上ファンド大量保有銘柄をJPモルガンがアンダーウェイト

旧村上ファンド投資先の住友大阪セメント アクティビストファンド動向が投資家に注目されている、旧村上ファンドのシティインデックスイレブンスが住友大阪セメント株式を大量保有報告書で買付していたことがわかり、住友大阪セメント株価が急上昇した。

スポンサーリンク