ディップ成長力の低下を懸念して立花証券が投資評価引き下げ

立花証券証券レーティング

・ディップ(2379)「やや強気」→「中立」目標株価3830円→2900円
・キトー(6409)「やや強気」継続
・乃村工藝社(9716)「やや強気」→「中立」

バイトルを運営するディップ決算発表が利益成長の鈍化を示す内容となり株価にネガティブ。東証一部市場下落率ランキング1位となってディップ株価は大幅安となっている。外資系証券アナリストレポートでは「営業利益率の低下」を指摘している。
スポンサーリンク