押し目買い対象レーティング「Outperform」格付け銘柄リスト

波乱相場は個別銘柄戦略で「強気」の投資判断株

2018年1月はロケットスタート上昇相場で始まった日本株が、1月後半から雲行きが怪しくなり、2月に入ると米国株安発の世界の株価同時安となった。日経平均株価は2月14日に20950円15銭まで下落した後、2月27日は22502円05銭までリバウンドしたが週末はトランプ大統領が鉄鋼・アルミニウムの完全引き上げを発動するという報道で再び急落した。

東海東京証券が発行したアナリストレポートから投資判断を強気に判断されているレーティング「Outperform」銘柄を参考にしたい。現在のような不安定な相場は個別銘柄戦略が後々の利益追求パフォーマンスに有利であると考えられる。そこで中小型株で成長性と将来業績の良い投資家に人気がつきそうな銘柄に注目。

日経平均株価が600円安となった地合いでも、下記のアウトパフォーム銘柄リストの一部は、株価にマイナス影響が軽微であった、それどころか逆行高している銘柄もあったくらいだ。全体相場が弱い時に逆行高する銘柄は、株式市況が上昇に転じたときには高いパフォーマンスを演じやすいので株価下落局面は投資判断「アウトパフォーム銘柄」の押し目買い好機と捉えたい。




レーティング「アウトパフォーム」銘柄リスト

銘柄 時価(3/1終値) 目標株価 レポート発行日
富士通(6702) 683.3 850 3月1日
リンク&モチベーション(2170) 1105 1300 3月1日
アズビル(6845) 4680 5700 3月1日
トナミホールディングス(9070) 5400 6550 3月1日
雪印メグミルク(2270) 2821 4350 2月28日
TOA(6809) 1478 2000 2月28日
日本トランスシティ(9310) 431 520 2月28日
ヤマトホールディングス(9064) 2690 3250 2月28日
シスメックス(6869) 8640 10200 2月28日
竹内製作所(6432) 2443 2970 2月27日
ブイ・テクノロジー(7717) 28700 40000 2月27日
ベルーナ(9997) 1311 1600 2月27日
朝日インテック(7747) 3840 4600 2月26日
三井住友フィナンシャルグループ(8316) 4612 5700 2月26日
日本エム・ディ・エム(7600) 1009 1280 2月23日
レーティング速報を毎朝配信 ネット証券ならライブスター証券

注目アナリスト投資情報の証券会社

岩井コスモ証券
岡三オンライン証券
SBI証券
東洋証券
松井証券
楽天証券
丸三証券

スポンサーリンク