電子契約クラウドサイン導入増加、テレワーク増加と政府のデジタル化政策が追い風

岩井コスモ証券レーティング

・弁護士ドットコム(6027)「A」継続 目標株価12000円→16000円
・竹内製作所(6432)「A」継続 目標株価2800円→3000円
・日本電産(6594)「A」継続 目標株価9390円→12300円

クラウドサインの注目点は

テレワーク、在宅勤務、リモートワークなど言い方は様々だが、従来のように会社オフィスへ通勤せずに自宅やコワーキングスペースなどで働く環境が社会的に拡大している。

電子契約クラウドサインを提供する弁護士ドットコムは、テレワーク実施企業数が増加する恩恵を受けてクラウドサイン導入企業数が増加。コロナ渦の特需発生で2020年7月~9月期は営業利益が増益に転換して業績好調。

政府デジタル化の遅れを挽回しようと、来年中に創設を目指すデジタル庁が菅政権下で進められ国会審議されている。こうした下で株式市場では弁護士ドットコム株価が上昇、3月13日年初来安値3035円から10月21日年初来高値1万5880円まで株価5倍近く値上がりした。

スマホだけで1,000円から投資【One Tap BUY】

岩井コスモ証券スマートフォンサイト株式・投資信託・債券・NISA

株式・投資信託・債券・NISAのことなら岩井コスモ証券へ。取引スタイルに合わせた選べる3つの取引方法(対面・コール・ネット)で、お客様の資産運用のニーズに柔軟かつ的確にサポート。投資の未来を切り拓く岩井コスモ証券で株式取引

スポンサーリンク