日本航空、全日空、ヨーロッパ国際線で収益格差がつけはじめている

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 レーティング情報

原油価格上昇でANA、JALの営業利益が圧迫される原因が注視されている。国際線ヨーロッパ向け路線ではANAとJALでは収益格差がつけはじめている。JALは旅客運賃イールドは前年同期比1割程度下落したが、ANAは前年並みを維持している。

・リクルート(6098) 目標株価5080円→5270円
・浜松ホトニクス(6965) 目標株価3800円→3430円
・シチズン(7762) 目標株価520円→670円
・住友不動産(8830) 目標株価2500円→2920円
・日本賃貸(8986) 目標株価94000円→95000円
・日本航空(9201) 目標株価4330円→4270円
・ANA(9202) 目標株価330円→340円

デイトレ銘柄ランキング
ブラックロックが大量保有報告書を提出した銘柄まとめ
51,000円プレゼント!キャンペーン



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク